無水.net

無水調理のできる鍋をお持ちの方のレシピサイトです

MENU

無水調理の特徴

あなたはなぜ無水調理ができる鍋を買ったのでしょう??

おそらく、いまの料理を

  • もっとおいしく
  • もっとかんたんに
  • もっと節約できて
  • もっと健康に
  • もっとはやく

するためではないでしょうか?

この5つのうち、どれを特に重視してもかまいませんが、無水調理ができる鍋なら、これが全て実現できます!

なぜおいしくなるの?

f:id:kazumine50:20190206162906j:plain

素材の味を最大限に引き出せるような調理法ができるからです。

無水調理ができる鍋の特長は次の1つに集約できます。

 

保温力が高い

 

では、保温力が高いとどんなことができるのでしょう??

  1. 保温調理
  2. ふたをしてオーブン状態を作れる
  3. 肉や魚などを高温で包むので、肉縮みが少ない

ずばりこの3つができます。

特においしくできる秘訣は、肉や魚の『肉縮み』が少ないことです。

 

焼肉屋さんで肉を焼くときをイメージしてください。

 

肉を網に置くと、ビヨーンと肉が縮んでいきますよね?

特にタンなんかはビックリするぐらい縮みます。縮むということは、肉本来がもっている水分とうまみがでていくのです。

これが肉縮みです。魚でも同じです。

 

保温力が高いので、この肉縮みがかなり少なく、そんなに高くない肉でも柔らかく調理できるんです。

 

なぜかんたんにできるの??

f:id:kazumine50:20190206162919j:plain

火加減がかんたんだからです。基本的に中火か極小の2パターンしかありません。

しかもだいたいの料理が、放置です。また、味付けも特殊な調味料は一切必要ありません。というか、味付け自体がほとんどいりません。素材のもつ味を活かすからです。

 

なぜ節約できるの??

f:id:kazumine50:20190206162847j:plain

テフロン加工の鍋や行平鍋に比べると、立ち上がりは遅いですが、そのあとの保温力は抜群なので、強火を使う必要がありません。

また、煮物なんかは時間がかかる料理の代表ですが、10分ぐらい煮れば出来上がります。熱効率に優れているので、はやく火が通るからです。

 

なぜ健康的なの??

f:id:kazumine50:20190206162931j:plain

肉を焼くときは、肉のもっている油で焼きます。魚なら、白身魚は油分が少ないので、少量の油が必要です。青魚は油がいりません。

油がいらないということは、余分なコレステロールをとらないでいいということです。

また、野菜がビックリするぐらいおいしく調理できるので、野菜中心の食生活もかんたんに実現できます。

健康的にならないほうがおかしいですよね。

 

なぜはやくできるの??

f:id:kazumine50:20190206163033j:plain

熱効率が良いので、素材にすぐに熱がはいります。

また「ゆでる」という工程は、素材が浸かるまでの水を必要としません。「蒸しゆで」のような感じになりますが、無水調理の鍋を使えば、少量の水でゆでることができます。

少量なので、水がお湯に変わるのもとても早いです。

 

無水調理の鍋でできる調理法f:id:kazumine50:20190206162948j:plain

  1. 煮る
  2. 炊く
  3. 焼く
  4. 炒める
  5. 揚げる
  6. 蒸す
  7. 無水調理

以上の7つです。

見てもらえればわかるように、刺身以外のものは何でもできます。オーブンモードもできるので、ケーキとかクッキーのようなお菓子もかんたんにできますよ!

それぞれにやり方があるので、まずはこれに慣れることが先決です。

クリックして、それぞれの調理法の基本で慣れてみてください。

きっと今までやってきた料理がアホらしくなりますよ~~。