無水.net

無水調理のできる鍋をお持ちの方のレシピサイトです

MENU

【一食130円】困ったらコレ!『基本のカレー』

どうも、元調理器具販売マンのムスイです。

このページはルクルーゼ・ストウブ・シャスール・バーミキュラ・レインボークッカー・インコア・ロイヤルクイーン・ビタクラフト・フィスラー・ホットクック・大同電鍋などの多層鍋といわれる調理器具をお持ちの方に、超絶簡単激ウマレシピを紹介していくサイトです。

通常の鍋でこの作り方をしても失敗するのであしからず。

 

カレーっておいしいけど、こだわればこだわるほど手間がかかります。

 

玉ねぎを飴色になるまで炒める?

ブーケガルニとかいう謎の葉っぱを入れたり?

ソースやインスタントコーヒーでコクをだす??

カレールーをカレー粉から手作りしちゃう?

 

今書いてきたもの、全部いりません!

 

切って鍋に放り込んで、火つけて終わり!

 

 

放り込むだけ『基本のカレー』

f:id:kazumine50:20180730111607j:plain


材料

f:id:kazumine50:20180730111628j:plain

牛肉    100gぐらい【100円】

にんじん  1本【30円】

たまねぎ  大1【30円】

じゃがいも 4個【100円】

 

■味付け

カレールー 1箱

 

作り方

  1. 野菜を切りましょう。くし切りとかいろんな言い方がありますが、カレーに入ってるような切り方になっていればなんでもOKです。f:id:kazumine50:20180730111924j:plain
  2. 切ったらどんどん鍋に入れて行きましょう。下から玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、牛肉の順番に入れていきます。

    f:id:kazumine50:20180730112137j:plain

  3. さらにカレールーも入れて、水を入れます。水は具よりも少し低いぐらい。野菜から水分がでるので少なめでOKです。そして初めて火をつけます。

    f:id:kazumine50:20180730112718j:plain

  4. 沸騰したら蒸気がでてくるので、ここでいつもの極小の火にします。そこから20分待ちます。f:id:kazumine50:20180730113028j:plain
  5. 20分たってフタをあけるとビックリ!水の量が増えて、カレールーが柔らかくなっています。ここで初めて木べらやおたまで混ぜましょう。火は極小のままですよ。

    f:id:kazumine50:20180730113056j:plain

  6. 混ざりきったら完成!f:id:kazumine50:20180730113152j:plain

 

ワンポイントアドバイス

さわりたくなりますが、とにかくさわらないこと。

 

評価

おいしさ :★★★★★

ヘルシーさ:★★★★★

はやさ  :★★★★☆

かんたんさ:★★★★★

せつやく度:★★★★☆

今までの常識的な作り方とはまったく違います。

まとめ

カレーって玉ねぎを飴色になるまで炒める、とか常にかきまぜておく、とかいろいろと手間がかかります。

また玉ねぎを炒める時も油を使います。余計な油は極力使わないようにしたいので、今回のカレーも油を使っていません。というか炒めるという工程自体がありません。

実際に作ってみるとわかると思いますが、本当においしくできあがります。

あくまでも基本のカレーなので、これにどんどんカスタマイズをしていってもおいしいでしょう。