無水.net

無水調理のできる鍋をお持ちの方のレシピサイトです

MENU

【一食70円】これぞ焼き物の基本!『さばの塩焼き』

どうも、元調理器具販売マンのムスイです。

このページはルクルーゼ・ストウブ・シャスール・バーミキュラ・レインボークッカー・インコア・ロイヤルクイーン・ビタクラフト・フィスラー・ホットクック・大同電鍋などの多層鍋といわれる調理器具をお持ちの方に、超絶簡単激ウマレシピを紹介していくサイトです。

通常の鍋でこの作り方をしても失敗するのであしからず。

 

 

魚、大好きです。中でもさばはとーっても好きです。さんまは秋!という感じですが、さばは年中おいしい気がします。

さばをうまいこと焼けるようになったら、さんまでも鮭でもなんでも焼けます!

グリルで焼くのもいいですが、無水調理鍋で焼けば、水分が逃げないので、縮みにくく、ホワッホワッの身が楽しめます。骨からの分離も驚くほどスムーズなんです!

 

 

焼き物の基本『さばの塩焼き』

f:id:kazumine50:20181002163341j:plain

 

材料

f:id:kazumine50:20181002163424j:plain

さばの切り身  3枚    【150円】

 

■味付け

塩       ひとつまみ

 

塩はしてもしなくてもおいしいです。

作り方

  1. 鍋を中火にかけます。いわゆる空焚きとか予熱というやつです。3~5分ぐらい空焚きしましょう。

    f:id:kazumine50:20181002163930j:plain

  2. 空焚きしてる間に、写真のようにさばの水分をとにかくとってください。キッチンペーパー大活躍です。

    f:id:kazumine50:20181002163424j:plain

  3. 油をひかずに、さばの切り身を「身」のほうを下にして入れていきます。海の魚は「う身」で、川の魚は「皮」から焼くそうです。

    f:id:kazumine50:20181002163955j:plain

  4. ふたをして蒸気があがったら(2分ぐらい)、ふたをあけて裏返しましょう。もう火は通っていますが、皮に焼き目をつけるためです。

    f:id:kazumine50:20181002164055j:plain

  5. 皮に焼き目がついたら完成!1分ぐらいで焼き目がつきます。水分が逃げていなくて、さばのもっている脂で焼くのでヘルシー。鍋に残っている液体は魚の脂です。

    f:id:kazumine50:20181002164213j:plain

ワンポイントアドバイス

キッチンペーパーで水分をきれいにふきとることが最大のポイントです。水分が残っていたり、予熱が足りなければひっつきます。

 

評価

おいしさ :★★★★★

ヘルシーさ:★★★★★

はやさ  :★★★★★

かんたんさ:★★★★★

せつやく度:★★★★★

 

まとめ

絶対に試してほしい一品です。焼き物の基本なので、これができれば、ハンバーグでも他の魚でもなんでも焼けますよ!